吉田建設 テスト

吉田建設 テスト

建築用語について

最近よく聞く「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」について

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH とは簡単に言うと高性能な家です。ゼロエネ住宅と呼ばれることもあります。
優れた断熱性能と機密性を誇り、家から熱が逃げるのを防ぐので、冷暖房機器を使う時間が減ったり頻度が少なくなったりし、また冷暖房機器として省エネに特化した物を使っているため、「省エネ」性能が高い一方で、太陽光パネルなど※1 を用いて、自宅で使用する電力を生み出す「創エネ」をします。
※1ZEH を建てる際、発電機を取り付けることが必須です。太陽光パネルの他には、風力発電や地熱発電を自宅に取り入れることも可能です。

エネルギー使用量正味ゼロの家

省エネ性能が高いことから家の中で使用するエネルギーの量が小さいことは想像がつくとは思いますが、ZEH は自家発電によって作り出されたエネルギーが、家の中で使用されるエネルギーの量よりも大きくなります。
使うエネルギー量よりも、創るエネルギー量の方が多いため、家の中で使われるエネルギーの量は正味ゼロだということを意味します。
地球環境に良いことはもちろん、理論上、光熱費が発生しない(売った電気のお金が買った電気のお金を上回る)ので家計にも優しいです。

ZEH 認定基準と ZEH に住むメリット

ZEH として認められるためには、省エネ法 2020 年基準よりも厳しい UA 値(家からどれだけの熱が逃げるのかを表している値です。小さければ小さいほど、熱が逃げにくいということを表します。)の基準を満たさなければなりません〈表1〉。
他にも再生可能エネルギー(太陽光発電等)の導入や、基準一次エネルギーの量を 20%削減するなどの条件も満たす必要があります。家の性能を高めなければならないため、施工にかかる費用は一般住宅よりも高くなりますが、光熱費を抑えられることはもちろんのこと、そのことで長期的にかかる居住費用が一般住宅よりも小さくなります〈表2〉。
また持っている家の価値が高くなるなど利点がたくさんあります。
 
〈表1:省エネルギー法2020年基準のUA値〉(気仙地区は4地域)

1 2 3 4 5 6 7
H28基準 0.46以下 0.56以下 0.75以下 0.87以下
ZEH基準 0.4以下 0.5以下 0.6以下

〈表2:建設初期費用と、35年後の居住費用〉

 
初期費用は一般住宅に比べて高くなりますが、光熱費がかからないためランニングコスト(光熱費などを含めた住むために必要なお金)は小さくなります。

ZEH に住むメリット~ZEHは災害時にも役に立つ

ZEHに住むメリットはそれだけではありません。災害時などの緊急事態の時にもZEHは能力を発揮します。
停電となったときたとえ寒い冬や暑い夏であっても、断熱性能が高いため、冷暖房機器を使わずにある程度快適に家の中で過ごすことができます。日中晴れていればソーラーパネルによる発電ができますし、蓄電池もあるので少しだったら電気を使うことができます。また、エコキュートなどに水がたまっているため、トイレを使うこともできます。

ZEH普及目標

吉田建設では、ZEHの普及を目指して下記の目標を設定しています。
 
年      受託率目標  受託率実績
2016年       0%      0%
2017年      20%      0%
2018年      30%      0%
2019年      40%      0%
2020年      50%      17%
2021年      50%      0%
2025年      50%     

一覧へ