吉田建設 テスト

吉田建設 テスト

木の家について

木の家がおすすめな理由、「健康」について

木の家が健康にいいということを説明します。
森林の中、爽やかな木の香りをかいで心が落ち着いた経験ありませんか。その現象、とても自然的なことなんです。

 
実は木はフィトンチッドという物質を放出しています。この物質が芳香成分なので、森林の中は爽やかな香りで満ちているんです。植物は傷ついた際に、傷から菌が入らないように周囲の有害な菌や細菌、昆虫を殺すためにこの物質を出すらしいのですが、フィトンチッドは人体には有益です。私たちにとって利益となる効果として消臭、脱臭効果や殺菌、防腐効果などがあげられます。
例えば、森の中には生物の死骸や排泄物が堆積しているはずですが、それらのにおいを取り除いてくれます。また、本来の殺菌効果から菌、細菌を寄せ付けません。この効果は食品を衛生的に保つときにも使われます。おにぎりが木の皮で包まれているのを見たことはあるのではないでしょうか。
 
木が木材として使われてからもフィトンチッドを出し続けるため、木がふんだんに使われている家に住むことで、その効果の恩恵を受けることができます。
例えば、有害な虫類を寄せ付けないので、ダニや、シロアリ、カビを寄せ付けない効果があります。また、抗菌作用によって、家の中の病原菌を殺してくれます。
木の家にすむだけで森林浴効果を受けることができます。フィトンチッドによって、脳内のα波発生が促進され、精神が安定します。また、交感神経の興奮が抑えられ、快適な睡眠をすることができます。森林の中でも同じように、心が落ち着くと思います。
フィトンチッドは天然の物質なので副作用の心配がないというところも嬉しいところです。
 
フィトンチッドの効果によって木の家で健康的な暮らしができそうですが、木の家の良いところはフィトンチッドだけではありません。
そもそも木材は呼吸をしています。呼吸といっても空気を吸ったり吐いたりするわけではなく環境の変化に応じて、水分を吸ったり吐いたりしているのです。周りの湿度が高いときには水分を吸って、湿度が低いときには水分をはきます。そうすることによって家の中の湿度は約50%に保たれます。これくらいの湿度に保たれていると、ダニやカビ、病原菌に強いです。
まず、ダニやカビは湿度が50%以上で繁殖をし始め、60%以上で急激に増えるため、木の家の中ではダニやカビが急激に増えるといった心配は少ないでしょう。また、インフルエンザやカビなどのウイルス、バクテリアは湿度が40%以下で空気に滞在する時間が長くなるため、家の中での病気の感染はあまり心配しなくても大丈夫そうです。
 
以上のように、木の家に住むことで、ダニやカビなどを抑える効果や、気持ちを落ち着かせる効果、脱臭の効果、病原菌を防ぐ効果など多くの恩恵を受けることができます。木の家に住むことはとても健康に良いのです。

一覧へ